忘年会の挨拶で爆笑を誘いたいならどうすれば良い?!

会社の忘年会で幹事は盛り上げ役に徹しなければいけません。

 

ゲームに頼らずに爆笑を誘う

ゲームや催し物などが場を盛り上げるのに欠かせないものであるのは間違いありませんがそこにもやはりテクニックが必要なのです。
忘年会でみんなを楽しませるのは大変なことです。
それでも敢えて感じはそれにチャレンジしなくてはいけないでしょう。
今回はゲームなどに頼ることなくあいさつなどのトークでみんなを楽しませることを考えてみます。
一番いいのは会話術に優れた人に挨拶をしてもらうことですが、これはなんの脈絡もなければ「なんで俺が・・」なんてことにもなりかねません。
みんなの爆笑を誘うにはやはりここは感じの挨拶が一番なのです。

 

ネタが大事です

笑いを取るなら当然ですがみんなが笑えるネタが一番です。
人をいじるのは気が引けるものですけど、

例文

今年は我が社でも数々のホームランが生まれましたが、一番の場外ホームランは山本先輩の5人目のご子息誕生でしょう。
少子化対策に対抗する最善の手段が産めよ増やせよです。
まったく見事としか言いようがなく、仕事のホームランがかすんでしまいました・・・

なんてやると仕事の堅い話は抜きにして社員の話題をもってきてさらにそれが明るい話題ですから、大爆笑とはいかないまでもなごやかな笑いに包まれるでしょう。
ちょっとした社員の話題を一番の出来事にして、「仕事の話題は何もないのかよ・・」なんて誰かに言ってもらうとそこでドカンと大爆笑になるという図が想像できます。

 

スピード感溢れるギャグも言ってみる

もっとも会社の業績を称えながら、

遅刻したらいけないと連日会社で寝ていた山本君のおかげで・・

なんていっても笑いが取れるでしょう。
ちょっと古いギャグになるかもしれませんが、

スピーチとスカートは短いほうがいい!乾杯!

なんてやるのも簡潔すぎて面白いかもしれません。
とりあえず滑ってしまっては元も子もないし、ここは幹事仲間で結託してサクラで笑ってもらいます。
笑いが笑いを誘いますから最終的にはうねるような笑いに包まれていきますよ。