忘年会の挨拶で感動を誘いたいならどうすれば良い?

忘年会ではとにかく賑やかに、笑いに包まれた宴席がいいでしょう。
そんな中でも一つくらいはホロッとさせるような感想エピソードがあってもいいかもしれません。
いつもとはちょっと違う感動を誘う忘年会の挨拶を考えてみました。

 

努力で勝ち取った感動エピソードを混ぜる

スピーチは簡単明瞭のほうがいいのですが、これだけは言っておきたいといったエピソードは一つや二つはあるものでしょう。

例文

今年は長年追いかけてきた、案件の受注を取ることができました。
営業の皆さんのがんばりで今年はちょっとボーナス袋が重たくなりそうです。
営業のみなさんが怒られながらも何度も見積もりを出しては突き返されさらに、安値競争に陥ることなく、会社のために奮闘したことは忘れることができません。
後は開発部隊の出番です。
営業の皆さんの努力に報いるためにも万全なシステムを納品するためにこれから一丸となってがんばります。
ありがとうございました。

なんていうスピーチもいいでしょうね。

 

MVPを選出する

その一年、一番頑張った人でもいいのですが、印象深かった人、とにかく誰もがこの人がMVPなら納得できる人がいいでしょう。
いなかったら無理矢理選ぶのも逆に角が立つのでふさわしい人がいるとき限定です。

例文

あなたの一年のがんばりは私たちの模範となりました。
よってここにあなたを今年一年のMVPに選出いたします。

これはこれでみんなに感動を与えるような人選でなくてはいけませんのでテクニックが必要です。
もちろんMVPにふさわしいプレゼントも添えましょう。これはその人が喜ぶようなものがいいですね。

 

それでもやっぱりみんなを褒めたい

楽しい席だから、一人を褒めたらさらには全員を褒めたいもの、会社の業績が悪くて暗い忘年会にはしたくないものです。
何か一つくらいは明るくなる話題はあるものですから、それを引き合いに出して、
「厳しい経営状態の中でも明るい話題もありました・・」
なんて始めると、感極まる人もいるかもしれませんね。