皆が尊敬してくれるような忘年会の挨拶って?

忘年会のスピーチはそれを任された人には大きなプレッシャーになるものです。
普通に簡潔に話して無難に切り抜けるのが一番いいのですが、中にはやはりきまじめにいろいろなエピソードを交えて話す人もいますし、実際には普通に話しては面白くないから、なんて手っ取り早く逃げたいのにそういうわけにもいかない、なんて思う人も多くて、気が重かったり、それでいて楽しみであったりするのが忘年会の挨拶なのです。

 

みんなのがんばりを褒め称える

忘年会はとにかく明るく元気よく、今年一年何かいいことがあればそれを取り上げて褒め称えるのです。
そうすることでみんなの尊敬を集めることもできるでしょうし、誰もが知っていることではなくて、こんな些細なことをがんばってくれている人がいる、というようなところを褒めてみるのもいいでしょう。

例文

毎朝机の上を拭いてくれている人がいます。
今まで知っていながら感謝の言葉を言ったこともないのですが、この場を借りて感謝の言葉を述べたいと思います。
机を綺麗にしてくれることで仕事への頑張る気持ちが湧き上がりました!
この1年間、本当にありがとうございました。

 

敢えて苦言を呈する

良いことばかりを言うことが上司の仕事ではありません。
どちらかというと叱咤激励するタイプが慕われる上司像かもしれません。
もっとも忘年会では口うるさいことは言いたくない・・そんな中でも敢えて言いたいことは言うといった挨拶も逆に尊敬を集めるものかもしれません。

例文

一年の労をねぎらうこの席でも言いたいことを言わせて貰います。
この一年皆さんには多大な努力をしてもらいましたが、この程度なのか、というのが正直な気持ちです。
この会社には実力がある社員ばかりです。
ただ、実力を出し切れていない人がとても多いと思います!
来年は、さらなるパワーアップを期待しています!

ちょっと嫌われそうですが、上司はこんなことも言えて初めて上司と言える野です。
逆に尊敬を集めるのではないでしょうか?

 

前向き思考の挨拶をする

例文

今年一年はこの場でしっかりと反省して、来年は心機一転頑張りましょう!

これは常套句なのですけど、これを言うだけできっちりみんなの気分を切り替えて来年にみんなの目を向けることができる言い言葉で外せないですね。